| トップページ | 会社概要 | 提供サービス | 重機・船舶 | 事業内容 | リクルート |
| お問い合わせ | アクセスMAP |



▼調査手順

▼処理方法

1.ヒアリング

・土地利用履歴
・工場での製造物
・工場での使用薬品の調査

1.土壌洗浄処理法

土壌中の汚染物質を溶媒や細やかな粒子に移行させ分離します。


2.低温加熱処理法

沸点の低い揮発性有機化合物に汚染された土壌を、低温加熱装置に
供給し気化させることにより(熱脱着)、汚染物質を除去する方法です。

3.セメントリサイクル処理

土壌の性状・成分を調整し、他のセメント原料と混合・乾燥・破砕の後
キルンで焼成のうえ、クリンカ状態なった土壌に石膏を加え
セメントとして出荷します。

4.高温熱処理(焼却)

熱処理としては土壌を融解するまで加熱してガラス状の固化体を
作ることにより、特に揮発や熱分解がない汚染物質をスラグの
マトリックスの中に封じ込め、溶出性の低いものにします。

5.埋立処分(管理型埋立処分)

管理型処分場のメリットとしては、埋立基準値内のものであれば
直接搬入でき、埋埋立基準以上であっても中間処理することで埋
立処理します。

2.現地調査

・工場配置
・排水処理装置
・井戸(地下水)の調査    

3.表層汚染調査

・対象土地を10〜30mメッシュに区分けし、
 表層-50cmの土壌を採取して分析    

4.汚染の確認

・汚染有無の確認

5.深層汚染調査

・ボーリングにより深度 1m,2m,3m,4m,5m
 地点の土壌を採取し分析。地下水分析。

6.汚染状況把握

・対象地における汚染の平面的、断面的
 な分布を把握するために汚染マップの作成

7.処理対策案

・汚染濃度、土壌量、コスト、工期などを
 踏まえて処理対策方法の立案



▼調査手順

 土壌ガス吸引
  地下に存在する揮発性を有する汚染成分を、井戸などを減圧・吸引することにより、地中からガス体として抽出除去する方法です。

 封じ込め
  汚染土壌を場外へ搬出せずに、人体への摂取を防ぐため、土壌の被服や地下水の遮断を行ないます。

 バイオレメディエーション
  バイオレメディエーションとは、微生物のもつ有機物分解能力を利用して、汚染土壌を浄化・安定化する手法です。


東京都港区港南5−1−27

株式会社 どき 黒瀬
TEL 03−3474−1171
FAX 03−3474−1175
E-mail kurose35@doki.co.jp


| サイトマップ | 推奨環境 | プライバシー&セキュリティ&リンクに関して | 著作&商標などの諸権利 |